空室対策実践マニュアル

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

空室対策 大阪・兵庫・京都・奈良エリアでの方法とは

  • アパートの空室が埋まらないオーナー様。
  • 空室対策のすごい技が気になるオーナー様。
  • 空室対策実践マニュアルが気になるオーナー様。
お役に立てる空室対策の方法について詳しく記載しています。
 

空室対策実践マニュアル・空室対策の

賃貸物件の供給過剰地域、人口の減少傾向、少子化、核家族化で空室でお悩みのオーナー様がどんどん増えています。
また、近隣に新たなアパート、マンションが建築中で供給過多により空室が将来的に心配なオーナー様もいらっしゃると思われます。

満室経営施策として入居者層に深化した空室対策があります。

例えば、インターネットで検索するお客様目線で物件を見直して、空室対策をする方法があります。

お客様が物件を検索する際、駅や駅までの距離、家賃など最低限の希望条件をキーワードにて検索をし、物件を絞り込むには細かい条件の人が大多数を占めます。オーナー様の物件近くに200物件あるとしたら、お客様目線で物件を見直してそこから絞り込まれる20件に入る為の施策です。
 

空室対策実践マニュアル・絞り込み

幅広いターゲット層では、他物件と一緒に埋もれてしまう可能性があります。逆にターゲット層を絞り込んで付加価値を高める空室対策方法です。

入居者の希望は多様性を増しています。今では、空室対策として幅広いターゲット層を想定してしまうと費用対効果が低くなっているのが現状です。

 例えば「20代~30代の単身女性向けのアパート」を、周辺調査で近隣にペットショップや散歩できる公園がある場合、「20代~30代単身でペットを飼っている女性向けのアパート」または「「20代~30代単身でペットを飼いたい女性向けのアパート」」と絞り込むだけで 付加価値は他の物件よりも断然高まります。

空室対策実践マニュアル・空室対策 リフォーム

退去があるのは仕方が無いこと。しかし退去後の現状復帰リフォームの際に、ポイントクロスやダイノックシートの貼り付けなど規模の小さな改修(プチリノベーション)を実施することで、他の物件との差別化を行い、印象に残りやすい物件に変身させることができます。
空室対策実践マニュアル

これにより、賃貸物件情報誌、ネット検索時の画像に使えば口コミでの評判などに期待が持てます。

空室対策実践マニュアル・空室対策のすごい技

簡単そうで、多くの場合に出来ていないのがコレです。

「交渉事など、相談なく管理会社の判断で断られたことがある」

「空室があるのに積極的な提案がない」

「退去時の内装工事や、入居者のトラブル対応が遅い」 などのお悩みを抱えているオーナー様も多いです。

また、客付けは賃貸業者に丸投げしている管理会社も少なくありませんが、アパルトマンでは賃貸事業者としての知識・経験も最大限に活用して、オリジナルで魅力的なツールを多数用意しています。

このページの先頭へ